今日の気になる記事

1VIPの部屋2021/02/24(水) 14:01:03.822

ゆとり世代のオタクにとっては神アニメ

2VIPの部屋2021/02/24(水) 14:01:41.728

露出狂のおばさんの回だけは好き
どんな話だったか忘れたけど

9VIPの部屋2021/02/24(水) 14:07:51.856

>>2
レベルアッパーっしょw

3VIPの部屋2021/02/24(水) 14:02:27.499

みんな顔がでかいイメージしかない

4VIPの部屋2021/02/24(水) 14:02:49.162

途中から入るのは無理って言えるレベルの量と出版速度

5VIPの部屋2021/02/24(水) 14:02:49.545

まさか去年レールガンやるとは思わなかった

6VIPの部屋2021/02/24(水) 14:04:12.131

連載並列してあの執筆速度なの笑う

7VIPの部屋2021/02/24(水) 14:04:52.434

禁書三期作画とか演出とかがアレだったみたいだけど旧約の終盤は熱くて好き

8VIPの部屋2021/02/24(水) 14:05:32.472

コミカライズが追い付けないどころかどんどん引き離されてくのには笑う

10VIPの部屋2021/02/24(水) 14:08:13.988

なろう系よりはよっぽど魅力あるわ

11VIPの部屋2021/02/24(水) 14:09:03.997

警策看取めっちゃ好き

12VIPの部屋2021/02/24(水) 14:09:38.553

趣味は「仕事(小説を書くこと)[7][14]」というほど非常に仕事好き。休日でも原稿の執筆やプロットの作成や資料探しをすることが多く[15]、仕事以外の私的な小説を趣味で執筆するほど[16]。

『とある魔術の禁書目録』はデビュー以来、1年に3ないし4冊ほどのペースで刊行されている(既刊一覧を参照)。時には編集のチェックが追いつかないこともあり、周囲からは「人間業とは思えない」と言われる[15]。

小説の執筆や漫画の原案プロットに加え、特典小説のSSやゲームの原案シナリオなど複数の仕事を同時に並行作業でこなすこともある[16]が、それでも刊行ペースは一定のままである。

2009年4月ころ、『ヘヴィーオブジェクト』のあらすじを担当編集の三木に口頭で伝え、「それはアリですね、もし書けたらぜひやりましょう」と返答を受けた後、打ち合わせやプロットなどの手順を5段階ほどすっ飛ばし、第1巻の原稿をいきなり書き上げて三木を驚愕させた[21][22]。
三木によれば、『ヘヴィーオブジェクト』の第2巻について「書いてもいいですか?」と聞かれ、「いいですよ」と答えた数日後にいきなり来たメールをプロットだと思って印刷すると、数百枚に及ぶ原稿だったという[22]。

三木が雑誌企画用のオリジナルショートストーリーを依頼したところ、完成した原稿と一緒に締切を切ってない長編を持っていった[26]。
ノロウイルスにかかりながらも執筆し続けた[17]。

ノロウイルスにかかりながらも執筆し続けた[17]。
執筆の息抜きは別の原稿の執筆[17]。

三木が雑誌企画用のショートストーリーを1本依頼したら、締め切り前に「10本くらい書いたのでどれか選んでください」と持ってきた[17]。
2014年末から毎月新刊を刊行しているのに、2015年10月時点ではあと1年分くらいの原稿ストックがある[17]。

こいつもはやガイジだろ

13VIPの部屋2021/02/24(水) 14:20:12.463

リニア開通までには完結しねえかな

14VIPの部屋2021/02/24(水) 14:35:15.284

3巻まで読めばわかると言われて読んだけど俺には合わなかった

15VIPの部屋2021/02/24(水) 14:39:38.934

今まで取っ付きづらかったけど超電磁砲Tから追い始めたからきっかけさえあれば余裕

16VIPの部屋2021/02/24(水) 14:42:09.716

パチンコで30000負けたから許さん

参照元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1614142863/

おすすめ記事一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません
※投稿したコメントは記事本文の下に追加されます。